VRで仕事をする未来

VRベースのソーシャルプロダクティビティアプリBigscreenがAndreessen Horowitzらから$3Mを調達

Techclunchより

それらの中で、VRの面白さと仕事の生産性(プロダクティビティ, productivity)の二兎を追った初期の試みのひとつがBigscreenだ。それは初期のVRユーザーたちのあいだで、かなりの人気を獲得したが、その製品は過去の同社の、Web上のコンテンツ共有経験がベースになっている。

VRは眼前に自分の想像した景色が広がりますので

それを仕事に活かすということですね。また仲間との連携も模索できます。

ただ重要なのはインターフェイスで、VRのHMDをかぶったまま

PCのキーボードを打てるかというと、現状は難しいです。

それこそ攻殻機動隊の世界。

 

そう考えるとHololens のようなMRの方が作業には適しているように思えます。

このあたりを克服するイノベーションはVRに起こるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です